toggle
2016-11-19

ポーレックス・コーヒーミル(ミニ)がマイナーチェンジしてました!

ワタシが愛用しているコーヒーミルといえば「ポーレックス・コーヒーミル ミニ」。

かれこれ2年くらい使っているのですが全然ヘタれないし、活躍の場も多く重宝しています。

そんなポーレックスのミルが2016年2月にマイナーチェンジしてたってご存知でしたか?

大きな変更点は3つあるみたい。

スポンサードリンク

 

ポーレックス・コーヒーミル(ミニ)がマイナーチェンジしてました!


dsc_0033

もうこれがないと旅行や奥様の実家にはいけない!というくらい重宝しているのがこちら、ポーレックスのコーヒーミル。

コーヒーってやはり挽きたてが美味しいですよね。出先でも引き立てを楽しむにはミルが必要。ということで持ち運びしやすいコレはなくてはならない存在です。

もちろんサカナ釣りにも持っていきます、海や渓流でおいしいコーヒー淹れるには必須(海に落とした時を想像すると恐ろしいですが、、)。

dsc_0093

そんなポーレックスのミルが、2016年2月にマイナーチェンジしたみたい!

たしかにどこかのお店で見かけたときパッケージがおしゃれになってるなー、とは思ってたんですが。どうやらそれだけではないみたいですよー。

 

マイナーチェンジ①:パッケージ


dsc_0034

もう説明不要かもしれませんが、一応。

うちの奥様でも気がつくチェンジっぷり!前のからするとだいぶイメージが一新されています!

手触りも和紙っぽいざらざら感があって、思わず手にとってしまいたくなります。

念のため、側面も。

国際特許出願中みたい!早く取れるといいですね。

dsc_0036

「Made in Kagoshima, Japan」

そう、なんと製造は鹿児島でやってるみたいですよ!

ワタシの実家からも近い(車で2時間弱)ので、なんだか親近感。

dsc_0035

英語圏でもばっちり使ってもらえそう。

英語になると「COFFEE GRINDER」になるみたい。

dsc_0037

 

マイナーチェンジ②:ハンドルが外れにくい!


個人的にはコレが嬉しい変化!

旧式は、どうしても回してる途中でハンドルが上の方にずれてきてたのです。

慣れればテクニックでカバーできる範囲なんですがそれでもやっぱり気になる。

で、それがほぼ完全に解消されてます!

こちらが以前のタイプ。

五角形の支柱になっています。

dsc_0040

こちらがニュータイプ。

だいぶ変わってますねー。

dsc_0038

今度は真上から。

旧式。

dsc_0044

ニュータイプ。

dsc_0043

この角度が一番わかりやすいかな?

この小さな変化が別世界へ連れて行ってくれます。

旧式を使ってる人にこそ体感して欲しいです!

dsc_0041

 

マイナーチェンジ③:刻印が入った!


 

マイナーチェンジの一因には模倣品が出回るようになった、ていうのがあるみたい。

なので細かい部分に刻印が入ってます!かっこいい。

dsc_0051

これで将来、

「ポーレックミル・ミニ 2016年 刻印有り デッドストック」みたいなコピーで売るビンテージショップも出てくるだろうなー。

いや、逆に古い「刻印なし」の方が価値が出るかも?捨てずにとっておこうと思います。

 

分解してみる!


毎度おなじみ、分解作業をやってみました。

ほとんど違いはないですが、未使用品と3年経過後の経年変化をチェックするつもりでどうぞー。

こちらが旧式、2年モノ。

dsc_0046

新品。ピカピカ。

dsc_0045

粒度調整ネジ。

dsc_0053

内歯。

ここにも刻印が入ってました!

dsc_0048

dsc_0047

内歯の中にカチっとはめる部品。これけっこう大事なパーツなので、洗浄時になくさないようにしたいです。

dsc_0052

こちらが外歯。

今のところ歯の「欠け」はありません。

dsc_0049

刻印もしっかりと。

dsc_0050

フタ。

dsc_0056

粉受け。

dsc_0057

裏の刻印が違います。

こちらが旧式。

dsc_0060

で、こちらがニュータイプ。

「Kagoshima,Japan」。

dsc_0059

胴体部分。

dsc_0061

旧式。

dsc_0063

ニュータイプ。

dsc_0062

ニュータイプ真横から。

dsc_0066

ニュータイプ斜めから。

dsc_0067

側面。

dsc_0065

もちろんハンドルの穴も形が変わってます。

dsc_0054

左が旧式、右がニュータイプ。

dsc_0055

 

こんな人にオススメ!


アウトドア好き

外でも美味しいコーヒーを飲みたい!っていうコーヒーフリークのあなたにぴったりです。

コーヒーラバーにとって、粉のコーヒーを使うことは最も避けたい事態。いつでも挽きたてじゃなきや嫌だ!というあなたにはポーレックスがぴったり。

ちなみにワタシは無印良品のメイクボックスにコーヒー用品を収納してます。

dsc_0076

頻繁に出張がある

ドリップバッグもいいけどやっぱり挽きたてがいいよねー、というあなたに。

ホテルで一人、ゴリゴリするのもいいでしょう。明日の商談に向けて、気分も上がるかも?

実家に帰省する頻度が高い

実家がコーヒー好きでミルがあればいんですけど、一般家庭ではそうでない事の方が多いです。

で、ワタシは奥様の実家に行くときは最低限これだけは持っていきます。

最悪、ミキサーで豆を粉砕することもできるんですけど、やっぱりアレなのでポーレックスのミルは必携。

ミルさえあれば、なんとかなります。

そういえばもうすぐ年末年始ですね、お1つ持っておいてもいいかも。

という感じで、新しくなってさらにパワーアップしてますね!

これから購入を考えている方にはかなりオススメです!

自分で買うにはちょっと躊躇する値段ですが、プレゼント用ならちょうどいい価格ですね。

「ミニ」サイズは一度にコーヒーを約20g挽くことができます。大きい方は30g挽けるので、使い方に合わせて選ぶといいです。

大は小を兼ねると言いますが、持ち運びするなら断然ミニ!

【動画を作ってみました!】

【ポーレックスの過去記事もどうぞ!】

【画像付】ポーレックス『セラミックコーヒーミル(ミニ)』の分解・組立・使用方法!
ポーレックスの「セラミックコーヒーミル・ミニ」を約1年使ったので改めてレビュー!
1年ちょっと使って分かった!ポーレックス「セラミックコーヒーミル(ミニ)」の気になる点2つ。
手挽きミルで何か良いのない?と聞かれたのでポーレックスをおすすめしておきました!
ポーレックスの「セラミックお茶ミル」を買った!【挽いてみる編】

Pocket
LINEで送る

SPONSORLINK
 
関連記事
カテゴリー