toggle
2016-10-10

いまさら聞けない!ウキフカセ仕掛けの作り方(どんぐりウキ半遊動編)

堤防でも簡単にクロダイ(チヌ)が狙えるウキフカセ釣り。

実際にやってみると簡単なのですが、初めてやろうと思うと何かとわからないことも多いと思います。

今回はウキフカセ釣りの基本的な仕掛けの作り方を写真付きでお送りします!

どんぐりウキを使った「半誘導仕掛け」です。

スポンサードリンク

 

ウキフカセ仕掛けの作り方(半遊動編)


仕掛け作りの流れは以下のようになっています。

1:竿にリールを取り付ける
2:ガイドに道糸を通す
3:道糸にウキ止め糸を結ぶ
4:シモリを通す
5:どんぐりウキをに糸を通す
6:からまん棒を取り付ける
7:サルカンを結ぶ

と、いちおう文章にしてみたら何だか難しく感じますね。

でもやってみるとすごーく簡単!

それでは1つずつ画像付きでどうぞー。

 

1:竿にリールを取り付ける


お気に入りの竿とリールを用意しましょう。

取り付け方は簡単すぎるので省略します!

DSC_0038

こんな感じでOKです。

DSC_0043

 

2:ガイドに道糸を通す


次に、リールのベールを開きます。

すると糸が自由になって、スプール(糸が巻いてある部分)から出てきます。

DSC_0044

で、竿の先端にはこのようなトップカバーがついています。

これ、実はかなり優秀なツールなんです!

よく見かけるけど「これってどうやって使うんだろう?」っていう人も意外と多いかもしれませんね。

DSC_0050

それでは使い方をサクッと見ていきましょう。

オレンジ色の部分、先端に細長い穴があいてます。

縫い針のイメージですね。

DSC_0045

そこへ道糸の先端を通しまして、

DSC_0049

そのままカバーを抜きます。

DSC_0051

そう、こんな感じで道糸がすべてのガイドに通るんです!

DSC_0052

ガイドの数が少ないルアーロッドなんかだと使ってもあまり意味がありません。

磯竿などのガイド数が多いもの向けです。

 

3:道糸にウキ止め糸を結ぶ


お次はウキ止め糸。

これがあると半遊動、無い場合は全遊動となります。

要するに、ウキ止めがストッパーとなってタナをキープできるんです。

結び方はパッケージに書いてあるので省略します。

難しい場合は固結びでもOKです。水分を含むと糸が縮んでしっかり道糸にフィットします。

DSC_0054

 

4:シモリを通す


シモリはこんなのです。

ウキ止め糸と、ウキの間に取り付けます。

これがあると、ウキがウキ止め糸をすり抜けるのを防止することができます。

どんぐりウキの場合は、半円型のシモリを使います。

DSC_0055

 

5:どんぐりウキに糸を通す


ここでいよいよどんぐりウキの登場です!

といっても中心に穴があいてるので、そこに糸を通すだけです。簡単!

DSC_0056

 

6:からまん棒を取り付ける


「からまん棒」

変わった名前ですが、ちゃんとした商品名です。

あってもなくても別にいいものなんですが、ワタシはこれがあったほうが断然釣りやすい!

ですが、なくても問題はありません。

DSC_0057

こんな感じで、

DSC_0058

装着完了!

ウキのクッション替わりにもなりますし、水中の流れの向きを視認しやすくなる効果もあります。

DSC_0060

 

7:サルカンを結ぶ


で、最後にサルカンを結びます。

DSC_0061

はい、完成!

この反対側にハリスを結び、その先端に針をつければ完成です!

DSC_0062

 

ざっくりとこんな感じ。

これが基本で、あとはアレンジし放題。色んなパターンを、釣り場や狙うサカナによって変えていきます。

そして、からまん棒とサルカンの間にガン玉を付け、浮力調整を行います。

たとえば「B」サイズのウキだったら「B」のガン玉を打つ、とか。

DSC_0064

釣り場についてから状況をみて仕掛けを作る人もいれば、自宅であらかじめセットしていく人もいます。

ワタシは後者ですが、初めての釣り場の場合はさすがに現場で仕掛けを組みます。

DSC_0066

もちろん、この前行った七尾湾の時もそうでしたよー。

ですがワタシのホームである知多半島の場合は、自宅で張り切って準備していきます。

ある程度状況が読めるので時間短縮が優先!1分でも長く釣りがしたいので!

以上、簡単ですが半遊動仕掛けの作り方でしたー。

【こちらの記事もあわせてどうぞ!】
・初心者パパのための知多半島ウキフカセ釣り入門記事:全8回をまとめました!
ウキフカセ釣りの基本!「小型棒ウキ」仕掛けの作り方(チヌ・グレ・アジ等に対応)

Pocket
LINEで送る

関連記事
カテゴリー